開運カウンセラーヒロナが思った事や日々の予定を公開いたします。
ご開運パワー全開のワクワクブログをお届けします。
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Moon Flash/Star light mini/ミニプラネタリウム
Favorite
Mobile
qrcode
<< 0地場 知ってる? main 夏越の大祓 >>
勝ち神参り 行ってきました!!
 
 

   おかげさまで ありがとうございます。


勝ち神五人衆 に参拝してまいりました。

「敏達天皇の後胤橘の諸兄が遠孫」 と名乗りを上げる 大変歴史ある  

 聖徳太子以来の精神を一子相伝で守り続ける名門   大和古流宗家 友常家に代々伝わる

「勝ち神 五人衆」の秘伝

勝負の場で不利な立場の者を勝利に導く 五人の勝ち神。

その勝ち神のパワーを結んだものは、どんな不利な状況であっても必ず勝てると言われている

そんな大逆転ミラクルパワーを頂ける参拝法です。

歴史上 不利な状況を翻し、勝利を勝ち取っていった日本には 太古の昔から

勝ち神さまのご加護があったと信じられてきました。

しかし長いこと五人それぞれにお働きになっていたもので 秘伝によると

五人の神さまを結んでこそ真の力を発揮すると言われているそうです。

それが 2009年3月 五人の勝ち神さまを結ぶことが出来たと言います。

条件は 「信じて 祈るものだけが 勝ち神さまの力を得ることができます。」 これだけ。

勝ち神さま方の歴史を理解し、 勝ち神さまが祀られている場所に実際に身を運んで

正しい作法で拝めば、勝ち神さまは 心強い味方になってくださいます。

さらに 古代からの儀式や作法は、そのために継承されつづけています。 とつづきます。

大和古流宗家 友常家の 歴史を感じます。

2009年丑歳がまさにキーポイントであったようですが 次の丑歳2021年・辛丑 の歳まで

お力を頂けるチャンスは 続くそうです。

勝ち神 五人衆 登場です。

八幡神さま ・ 摩利支天神さま ・ 

大黒天神さま ・ 牛頭天王神さま ・

 毘沙門天さま

そして この個性的な神さま方を結びまとめる御役目を

稲荷大明神さまが受け持ってくださいます。

友常ご当主が推薦してくださっている神社仏閣は、

石清水八幡宮(京都)  鶴岡八幡宮(鎌倉)

建仁寺摩利支天堂(京都)  甲斐駒ケ岳・摩利支天(山梨県)

松が崎大黒天 ・ 松ヶ崎妙円寺(京都)  護国院大黒天(上野)

八坂神社・牛頭(ごず)天王神(京都)  竹寺・八王寺(埼玉県)

鞍馬寺・毘沙門天(京都)  神楽坂毘沙門天 ・ 善國寺(東京)

伏見稲荷大社(京都)  笠間稲荷神社(茨城県)

となっています。

参拝の前に 開運勝ち神願い札 というものを作成します。

今回 参考にさせていただいている友常ご当主の「勝ち神に愛される方法」(三五館)に

詳しく載っていますが ご自分で 書いてもよいでしょう。

名前・生まれ・育ち・現住所

「やりたいこと」「願いたいこと」「祈りたいこと」 の三つの言葉を書いておきます。

それぞれの神仏の前でこれを読みあげます。



今回ヒロナは、四柱の神仏に参拝してまいりました。

それもご推薦以外に自分で探し、判断して参りました。

最初に 上野 護国院 大黒天様に おそば近くでご挨拶しました。。

いかにも福々しい福徳に満ち溢れたお姿です。 

上野寛永寺の子寺として長い歴史を持ちます。
DVC00009.jpg

こちらに行かれる時は 上野公園を抜けて 国立博物館裏手の道路を左方向に進み 右折したところにありますので お気をつけて。 反対方向からだとかなり 歩きます。

DVC00008.jpg

ご本尊の前での参拝可能です。一声かけてからが善いかと思います。


そして 樋口一葉 ゆかりの  千束稲荷神社へ。

下町の大衆に愛される 楽しい気が満ちたお稲荷様です。
DVC00015.jpg


なぜか きつねさんが 丸っこくて可愛い。
DVC00013.jpg


そして 蔵前神社(八幡宮)へ。

お江戸を感じさせる粋な雰囲気の神社です。古典落語の題材となることが多かったようで

DVC00018.jpg 

お相撲さんの崇拝が厚いそうです。


2010年庚寅 の歳 12年に一度のスーパースペシャルな 

毘沙門天力 を

発揮されている 毘沙門天さまにご挨拶しました。

DVC00021.jpg

神楽坂という江戸情緒の残る界隈でひときわ立派な紅いご門。

そこは、結界を張ったように きりっとした気がたっていました。

「ナウマク サマンダ ボダナン ベイシラマンダヤ ソワカ」
DVC00022.jpg

今回は、ここまで。

次回は、摩利支天神さま と 牛頭天王神さま に参拝いたします。


帰りに 神楽坂名物 五十番の肉まんと 松阪牛メンチカツ を買って帰りました。

京都や茨木にはすぐには行けませんがこのコースなら

 江戸の名所巡りのようで

楽しんで伺えました。

もちろん 目的と覚悟だけは、しっかりと見据えて 宣言しました!!


作法の基本

参拝前に身を清めます。

参道の端を歩く。

神仏の前で 自分の氏名住所を言い 名乗りを上げる。

神社は、二礼二拍手一拝

願い事を3個読む。声に出すことが大事。

最後に 二礼二拍手一拝にて礼をつくし、

一度も本殿を振り返らずに参道の左側を通る。


という基本作法を守っていさえすれば 自分の参拝があってもいいのではないか。と

友常ご当主は、書いています。

参考資料 「 勝ち神 に愛される方法 」 大和古流21世当主 友常 貴仁氏著(三五館)


どうぞ 参考になさって 勝ち神さまに祈りをささげてきてくださいね。



2010.06.05 Saturday 00:31
ヒロナのお勧め comments(7)
comment
は〜い★神様の相性楽しみにしていま〜す(*^o^*)
みや 2010/06/06 9:48 PM
みやさん

是非お若いお友達も誘って参拝してください。
お若い女性にこそ力をつけていただきたいと思っています。
神さま同士の相性については、また書きますね。
hirona 2010/06/06 9:37 PM
nagiさん

是非行ってください。
神さまの場所に身を運ぶことの大切さを感じました。
神さま同士の相性には、注意が必要です。
hirona 2010/06/06 9:34 PM
おかげさまでありがとうございます。どのお写真も素敵ですね〜★見ているとスーツと吸い込まれそうな感じがしてまた爽やかな風が吹いてるのを感じました(*^o^*)いろいろな参拝のしかたがあるのですね…私も時間がある時に足を運んでみます(≧∇≦)
みや 2010/06/06 2:38 AM
私も「勝ち神に愛される方法」気になっていました。
ちょうど、図書館で「日本神社100選」借りているので探してみまーす。

おかげさまでありがとうございます。
nagi 2010/06/05 2:15 PM
めもさん

一日で4社まわりました。
実は、午前中が良いようですがなかなかそうはいきませんでした。
めもさんのオリジナルが大切です。
ご自分でそれぞれの神さまを探してみたらどうでしょうか?
あくまでも自分の人生を勝ちに持って行くものですから。
自分が大切です。
hirona 2010/06/05 9:59 AM
 なるほど、こんなふうにおまいりするといいのですね。ヒロナさんは、1日かけてお参りしたのですか。今度私も一緒に連れて行ってください。
めも 2010/06/05 6:23 AM




/PAGES