開運カウンセラーヒロナが思った事や日々の予定を公開いたします。
ご開運パワー全開のワクワクブログをお届けします。
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Moon Flash/Star light mini/ミニプラネタリウム
Favorite
Mobile
qrcode
<< 伝導瞑想  一隅を照らす者は 国の宝なり main 禊 祓 詞  みそぎ はらい ことば >>
ウエサク祭 の過ごし方


 
   
   おかげさまで ありがとうございます。

ウエサク祭りの過ごし方 ヒロナ的考察。 お好きなように組み合わせてください。









先ずは、おかちゃんさんのサイトから抜粋です。
http://www.jp-spiritual.com/kurama1.htm


 

鞍馬蓋寺縁起

「宝亀元年、正月四日の夢に、山城国北方にあたりて高山あり、殊勝の霊地なり」   

奈良・唐招提寺の開祖、鑑真和上(687〜763)の高弟であった「鑑禎(がんてい)上人」は、宝亀元年(西暦770年)の正月に上記のような霊夢のお告げにより、山城国の北方に霊山の存在を覚知、さっそくその山を探し当てたところ、それが鞍馬山でした。 

そもそも鞍馬山には、「650万年もの昔、地球人類救済のために金星から遣わされた、宇宙神霊〈サナート・クマラ〉がこの鞍馬の地に降り立ち、精妙なる人類救済・大調和の波動を常に発信し続けている」との言い伝えがありました。

宇宙神霊〈サナート・クマラ〉は〈魔王尊〉とも呼ばれていますが、高次の意識体であるため、具体的な形はあってなきが如し。ある時はその姿16歳の青年の姿、ある時は光り輝く光明体など千差万別です。

その宝亀元年のある日、鑑禎上人の前にサナート・クマラは「毘沙門天」の姿として太陽の中から燦然と現れました。そこで、鞍馬山に地球・大地の精霊として〈大魔王尊〉を、また太陽の精霊として〈毘沙門天〉が祀られるようになりました。

さらにその約20年後の延歴年間、藤原伊勢人という観音信仰に篤い人物が、どこか霊地に観音堂を建て祀りたいと日々念じていました。そんなある日の夜「北方に(観音を祀るのにふさわしい)霊地あり」との夢のお告げ。

探し求めてみれば、それが鞍馬山。そこで、さっそく鞍馬山に馳せ参じてみたものの、鞍馬山にはすでに〈毘沙門天〉と〈魔王尊〉が祀ってあったため、藤原伊勢人は呆然自失。そんな所に観音様をお祀りするわけにはいかない・・・。ところがその夜、天から無邪気な童(わらべ)がやってきて伊勢人に耳打ち。「あのさぁ、毘沙門と観音とはねぇ、ちょうど般若と法華のように、名前が違うだけで、本質は同じなんだよーん!」・・・実はその童の正体はサナート・クマラだったのですが、そのひとことで安心した伊勢人は、月輪の精霊の宿る「慈悲の観音」の像を鞍馬寺に奉納。 

愛を月輪の精霊【千手観世音菩薩】、光を太陽の精霊【毘沙門天王】、力を大地の霊王【護法魔王尊】として、この三身を一体として「尊天」と称します。

これは「月のように美しく」、「太陽のように暖かく」、「大地のように力強く」と祈り、「すべては尊天にてまします」とお唱えするのです。 つまり尊天とは「宇宙の大霊であり大光明、大活動体」であり、私たち人間をはじめ万物を生かし存在させてくださる宇宙生命・宇宙エネルギーであって、そのはたらきは愛と光と力となって現れる。

これは言葉こそ違うのですが、シルバーバーチが再三言っている「The Great White Spirit」のことだなぁーと思うのです。



書いていらっしゃる おかちゃんさんの言葉は、いつも分かり易く面白いので読みふけってしまいます。

さてこのように 金星からやってきたサナート・クマラ = 魔王尊 = 毘沙門天 = 聖観音菩薩

という説明がされています。

鞍馬寺では、今夜の特別な夜を この偉大なる魔王尊さまを通して 満月のエネルギーを頂き

智慧の光で満たすという行を行われます。

ここで ヒロナには、もうひとつ大切な情報が入ってきました。

かねてより もっともっと 「日本人になりたい!!」と希望していたヒロナが学ばせていた頂いている

日本文化継承研究会 

http://www.y-uruwashi.gr.jp/


から届いたメルマガに 「寅歳・毘沙門天力」をテーマにした講演会のお知らせがありました。

実は、2010年始りの時から四天王さまのお姿ばかりが浮かぶヒロナでした。

毘沙門天様と同一とされるむきもございますが 気になって仕方ありませんでした。

すると今回のお知らせに  「本年 寅歳を迎え 一年の目標を定め、毘沙門天力を身に修め、

戦い抜く決意をして・・・中略・・・自分の本当の満足とはなにか?自分が本気で求めているものはなにか?

覚悟とは何かを、一度真剣に考えてみましょう。

人生は一度きり覚悟を決めた人生を歩みたいものです。

庚寅の歳。12年に一度の「毘沙門天力」を得て 戦いきる勢いを頂ける歳です。

「夏の禊」の前に しっかり今年の上半期の清算をし、化半期の具体的戦力を練り、

目標を掲げましょう。・・・」

という有り難いお言葉を頂戴いたしました。

ここでのキーワードは、「毘沙門天」。

2010年の毘沙門天様のお力は、12年に一度のスペシャルバージョンだそうです。

先程の「鞍馬蓋寺縁起」の中には 魔王尊さまと毘沙門天様は同一とありました。

ということで ヒロナ的 ウエサク祭の過ごし方

その一) せっかくの特別な満月。せっかくの特別な毘沙門天様のお力。

      「ナウマク サマンダボダナン ベイシラマンダヤ ソワカ」
      
      「この真言を唱えれば 福徳・戦勝・神通力の功徳あり」という意味の

      有り難い毘沙門天様の真言を唱えながら ご自分の未来と世界平和を祈りましょう


そしてそして・・・肝心の満月そのものは?

これもおかちゃんさんから

実際の5月の第一満月は 5月28日 AM8:08 射手座の満月。

そして AM10:38 天王星が射手座に入りますと・・・・なんと84年ぶりのスペシャルバージョンアップ!!

なんですって  満月のパワーが100倍にもなるそうです。

このパワーを効果的に使うには?

ヒロナ的 ウエサク祭の過ごし方

その2) 願い事を紙に書いて窓辺に置きます。 欲張らんないで3個まで。

     手書き。自分の事。

詳しくは、鞍馬寺ウエサク祭のお知らせからKEIKOさん発信の情報をご覧ください。



こうして 色々な情報から取捨選択してみましたが 

要は、自分を祓い清めて 満月の特別なお力を頂き 自分の中を整え 目標達成への決意と同時に

心から世界平和を祈り 実現に向けて 人類の知恵を駆使する祈願を立てましょう。

ということです。 表現も祈りも個人それぞれでいいと思います。

ただ ヒロナの座右の銘「小さな努力で 大きな成果」  は  「より効果的な方法で。。。」

ということにつきます。 やるなら 効果的に

忘れないでくださいね。

そのためにも 「祓い清め」が何より大事。 

ヒロナは、 「祓い詞」を唱えながら 身心を清めていきます。

あんあまり長くなってしまったので 今夜までに「祓い詞」をアップしますね。

でも あくまでも 自分流で行きましょうね。

沢山の情報のシェアに感謝いたします。

皆さま ありがとうございます。



その3) 愛する人と家族と空を見上げながら 出会いに感謝することもまた素晴らしい過ごし方ですね。


どの方法でも今夜の時空間に参加すると言うことは ご自身の波動がすごい勢いで

バージョンアップすることになります。

どうか 「分かち合いで世界を救おう」という大目標を見失わずに 今夜を迎えてくださいね。

そうすれば 全ては、光の祝福のうちに行われるでしょう。





2010.05.27 Thursday 10:14
祈り comments(4)
comment
ほんとにそうですね。
世界中に想いが伝わってあの難しい関係の国も
お互い仲良くなればいいですね。
この日を境に争いがなくなれんばいいな。
hirona 2010/05/28 7:49 AM
おかげさまでありがとうございます。昨夜はベランダにでて空を見上げて私なりに参加してみました★想いが1つになって大きなエネルギーとなって世界中に降り注ぎますように★
みや 2010/05/28 7:20 AM
わくわくしています。
世界中の人が参加していたらいいのにね。
わくわくの夜を共有する素敵な出来事。

一緒に体験しましょう。
hirona 2010/05/27 11:07 PM
ひろなさん いよいよですね^^

私もおかちゃん&KEIKOさんのサイト 解りやすくて大好きです。
おかちゃんに意識レベル測定してもらいました^^
自筆で書いてあるコメントが温かくていいんですよ!!

自分流のウエサク祭 楽しく過ごしまーす。

ヒロナ班の皆さんもいよいよですね!!
みんなそれぞれの経験をフルに生かし、分かち合う日が近づいていますね!その後押ししてもらえる大きなパワー頂いちゃいましょう^^

ひろなさん、みなさんに出会えた事に感謝します。

おかげさまでありがとうございます。


nagi 2010/05/27 3:30 PM




/PAGES